メモリー増設でパソコンが速くなる

簡単PCメモリー増設注意点 

増設メモリー選び方 DDR DDR2

メモリーを増設する時のポイント、増設できる規格が複数あった場合のメモリーの選び方について、わかりやすく説明します。

デスクトップパソコン用の規格を確認

DIMMメモリーまず注意することは、デスクトップパソコン用の規格DDR(Double Data Rate) SDRAMメモリー、DDR2 SDRAMメモリー、DDR3メモリーには互換性がない点です。後ろに数字が付くか付かないかの違いだけなので、慎重に確認してください。メモリータイプが違えば、メモリーソケットに挿すこともできません。

また、先頭にS.O.DIMMと付いていれば、これは、ノートPC用のメモリーなので、デスクトップPCには増設できません。

同一タイプなら、転送速度が異なる複数のメモリーが対応している場合があります。現在PCに搭載されているメモリーと同じ規格か、それより速度が速い規格のメモリーを選んでください。同じタイプのメモリーならば、チップ規格(転送速度)が違うメモリーが混在していても、遅いほうの速度で動作します。

DDRとDDR2の主な規格は下表のようになっています。

デスクトップパソコン DDR2 メモリー規格
メモリー規格 チップ規格 最大転送速度
DDR2 SDRAM-DIMM PC8500 DDR2-1066 8.5GB/秒
DDR2 SDRAM-DIMM PC6400 DDR2-800 6.4GB/秒
DDR2 SDRAM-DIMM PC5300 DDR2-667 5.3GB/秒
DDR2 SDRAM-DIMM PC4200 DDR2-533 4.2GB/秒
デスクトップパソコン DDR メモリー規格
メモリー規格 チップ規格 最大転送速度
DDR SDRAM-DIMM PC4200 DDR-500 4.2GB/秒
DDR SDRAM-DIMM PC3200 DDR-400 3.2GB/秒
DDR SDRAM-DIMM PC2700 DDR-333 2.6GB/秒
DDR SDRAM-DIMM PC2100 DDR-266 2.1GB/秒

ノートパソコン用の規格を確認

S.O.DIMMメモリーノートパソコンのメモリー規格も、デスクトップパソコン用の規格DDR(Double Data Rate) SDRAMメモリー、DDR2 SDRAMメモリー、DDR3メモリーがあり、それぞれ互換性はありません。もちろん、デスクトップパソコン用のメモリーを、ノートパソコンに装着することはできません。ノートPC用のメモリーは、先頭に[S.O.DIMM]の表記があります。S.O.DIMMは、small outline dual in-line memory module の略です。

ノートパソコンも同一タイプなら、複数規格のメモリーが対応しています。ノートPCもデスクトップと同様で、同じメモリー規格なら、チップ規格(転送速度)が違うメモリーが混在していても、遅いほうの速度で動作します。

S.O.DIMMのほかに、より小型のMicroDIMMという規格もあります。主にミニノートパソコンやスリムデスクトップに搭載されています。B5サイズ以下のノートPCでは特に注意してください。

ノートパソコン DDR2 メモリー規格
メモリー規格 チップ規格 最大転送速度
DDR2 SDRAM-S.O.DIMM PC8500 DDR2-1066 8.5GB/秒
DDR2 SDRAM-S.O.DIMM PC6400 DDR2-800 6.4GB/秒
DDR2 SDRAM-S.O.DIMM PC5300 DDR2-667 5.3GB/秒
ノートパソコン DDR メモリー規格
メモリー規格 チップ規格 最大転送速度
DDR SDRAM-S.O.DIMM PC4200 DDR-500 4.2GB/秒
DDR SDRAM-S.O.DIMM PC3200 DDR-400 3.2GB/秒
DDR SDRAM-S.O.DIMM PC2700 DDR-333 2.6GB/秒
DDR SDRAM-S.O.DIMM PC2100 DDR-266 2.1GB/秒

【注意】間違ってメモリーを購入しても交換できないケースがほとんどなので、購入前に正確にメモリーの規格を確認してください。


【DeskTopPC用】
BUFFALO
DDR2 PC2-5300
2GB 1枚